ブラケット矯正について

ブラケット矯正とは

歯列矯正・矯正治療の治療方法のひとつである『ブラケット矯正』とは『マルチブラケットシステム』とも呼ばれ、「ワイヤー」と「ブラケット」にを使用する矯正治療の方法で、世界中で行われており、歴史のある最もオーソドックスな歯列矯正の治療方法です。

歯の1本1本に、「ブラケット」と呼ばれる装置を付けて、そのブラケット同士をつなげるようにワイヤーを通して、弱い力をかけて歯を動かしていく治療方法です。ワイヤーで弱い力をかけつづけて、適切な期間をかけて歯を少しずつ移動させていき、最終的に目標とする位置まで歯を動かし、歯並びを正しい機能的な位置に整えていきます。

ブラケット矯正には、歯の表面に装置を付ける「唇側(ラビアル)矯正」と、歯の裏側に装置を付ける「裏側 / 舌側(リンガル)矯正」の、2種類があります。「唇側(ラビアル)矯正」は、矯正装置を歯の表面に装着するため、矯正装置は他人にすぐわかりますが、治療費を抑えることができます。「裏側 / 舌側(リンガル)矯正」は、矯正装置を歯の裏側の面に装着するため、装置が目立たないメリットはありますが、技術を要するため、治療費は「唇側(ラビアル)矯正」よりも割高になります。

ブラケット矯正の種類

メタルブラケット(スタンダード矯正プラン)

金属のブラケットを歯の表面に固定し、金属のワイヤーを使用する、世界でもっともポピュラーな昔からある矯正装置です。昔はブラケットが大型で、歯面の大部分を金属が覆うようなかっこうとなり、ギラギラした印象の強いものでしたが、現在は装置が小型化され、昔と比べて、目立ち度合いが改善されています。

ホワイトワイヤー(スタンダード矯正プラン)

白くコーティングしたワイヤー(ホワイトワイヤー)を装着して歯を動かしていく矯正です。ホワイトワイヤーでは、近くで見ないとわかりにくいというメリットがあります。また、歯面に装着するブラケットも白いタイプや透明のタイプがあり、ホワイトワイヤーの目立ちにくい特徴と合わさって、さらに金属製よりも目立ちにくくすることが可能です。

 

スタンダード矯正プラン

検査診断料      10,000 円 ~    25,000 円(税別)
・矯正装置代  500,000 円 ~ 700,000 円(税別)※分割可能
・都度調節代         5,000 円 ~    10,000