裏側矯正(リンガル矯正)について

裏側矯正 / 舌側矯正(リンガル矯正)とは

裏側矯正 / 舌側矯正(リンガル矯正)とは、ブラケットやワイヤーなどの矯正装置を歯の裏側に装着する治療方法です。矯正装置を歯の裏側に装着するため、正面からは、大きく口を開けたりしない限り、矯正装置が見えないため、他人にほぼ気付かれずに矯正治療を行うことも可能です。人と接する機会の多い職業に就かれている方には特に人気の治療方法です。

リンガル矯正の種類

リンガル矯正には上下両方とも裏側に矯正装置を装着して治療する「フルリンガル矯正」と、上だけ裏側、下は表側に矯正装置を装着して治療する「ハーフリンガル矯正」があります。ハーフリンガル矯正では、下側は下唇のおかげで、矯正装置が見えにくいという特徴を生かし、裏側矯正を上だけにすることで、フルリンガル矯正よりは少し費用をおさえることができます。

矯正治療を受けるに当たってリスクをあげるとすれば、矯正装置の撤去時などに、歯のエナメル質表面に微細な亀裂ができることが稀ではありますがあります。このような微細な亀裂は矯正治療をしていなくても何らかの原因で生じるものでもあり、治療を必要とするケースはほとんどありませんが、裏側矯正では、矯正装置が裏側に装着されることから、歯の表側に微細な亀裂ができるというリスクがありません。また、裏側矯正では奥歯を固定源として、矯正装置により歯を奥へ引き込めるという特徴から、「出っ歯」「受け口」といった不正歯列のケースにに適しているといえます。

裏側矯正 / 舌側矯正(リンガル矯正)の特徴

特徴1. 正面から矯正装置がほぼ見えることがないため他の人にわかりにくい。

完全に歯の裏側の面にブラケットを装着しワイヤーを通すので、多少口を開いても、矯正装置が付いているのが分かりにくく、他の人に気づかれる可能性が非常に少ないといえます。

適用も、治療成果の出かたも、治療期間も、表側矯正とほぼ変わらない。

他の人に気づかれにくい矯正治療の方法として、いわゆる「マウスピース矯正」がありますが、ブラケット矯正と違い、マウスピース矯正は適用できるケースに限りがあるため、治療期間が長くなる場合もあります。しかし裏側矯正では、歯の裏側に装着するという点以外、ブラケットとワイヤーでの矯正であることに変わりはありませんから、表側矯正と同じ適用で、治療成果の出方も、治療期間も変わらず行うことが可能です。

矯正治療中でもむし歯になりにくい。

矯正治療の最中は、歯ブラシが届きにくい部分ができるため、その分だけむし歯のリスクが高くなりますが、歯の裏側は、歯の表側と比較すると、エナメル質が厚く、また、唾液の作用によりむし歯になりにくいという特徴があります。

 

リンガル矯正プラン

検査診断料     10,000 円 ~        25,000 円(税別)
・矯正装置代  
850,000 円 ~ 1,200,000 円(税別)※分割可能
・都度調節代     8,500 円 ~        10,000